祖国の修士論文は、日法律本33ヶ所出所ない明らかにコピーした

▼記事によると…(韓国語)

・チョグク法務部長官候補者のソウル大法学修士論文が日本の文献を寄せ集めた盗作疑惑が提起された。チョグクの候補者の修士将校任官と蔚山専任講師任用に大きな役割を果たした修士論文を日本文献と比較して盗作疑惑を提起したのは今回が初めてだ。 論文の検証民間団体である研究真実性検証センター(研究の検証センター)は4日、「チョグクの候補者のソウル法学修士論文で参考したと明らか日本の文献を一対一比較分析した結果、33カ所が適切な引用表示されず、日本の文章をそのまま持っ書いたことが確認された」とし「チョ候補者の論文が日本の文献を寄せ集め盗作したことについて、ソウル大学の研究真実性委員会に調査を要求する」と明らかにした。

・◇日本の文献、脚注せずに使用
チョグクの候補者のソウル法学修士論文は、1989年に書いた「ソビエト社会主義法・刑法理論の形成と展開に関する研究」である。この論文は、参考したと明らか日本の文献は、藤田勇(藤田勇)の「ソビエト玄研究(ソビエト法史?究)」をはじめ、15編である。チョ候補者は、この日本の文献を韓国語で解析し、そのまま移した後、脚注など出所をつけたり、脚注を付けるも引用など引用符をせずに、日本の文章をそのまま取ったことが確認された。 この場合、
日本文を自分の言葉で変える「パラフレージング」もなかった。 研究の検証センターの関係者は、「参考文献リストを除けば、総114ページ分量の組の候補者の修士論文でソース表示なしでコピーを書いたところが33ヶ所で確認された」と述べた。

チョ候補者の論文はまた、「この部分は、上田間(上田寬)の本○○側□□側までに依存している」は、脚注だけつけて三、四文章をそのまま移し少ないこともあった。 論文33の方は、ほぼすべての文が藤田理事大根織田博(小田博)の文献から引用来文章で満たした。 移ってきた文章に脚注はつけたが、引用符やパラフレージングをしていないのだ。 また、小見出しの横に脚注をつけて、それ以下の文章は、日本の文献の文章をそのまま書き写した場合もあった。 現行ソウル大研究倫理指針によると、連続した2つ以上の文章を引用表示なしでそのまま使用した場合には、研究不正行為に該当する。


2019.09.05 03:16
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/09/05/2019090500261.html

ジョ・グク プロフィール


曺国は、 大韓民国の法学者、政治家。元大統領府民情首席秘書官、ソウル大学教授。2019年9月現在、同国の次期法務部長官候補に指名されている。
生年月日:1965年4月6日 (年齢 54歳)
ジョ・グク - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

なんだ日本が好きなんじゃないか

凄いねホント

これは親日罪で逮捕

あらら、もう何でもやりたい放題だねぇ

違うだろ。日帝が韓国から盗んだ知識を取り返したんだろ

これが飛び級の真相かw

親日逮捕不可避

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事