首相、日露平和条約交渉について「プーチン氏と腹を割って話し合いたい」

▼記事によると…

・安倍晋三首相は4日午後、停滞する日露平和条約交渉について「次の次元へと進めるために腹を割ってプーチン露大統領と話し合いたい」と述べた。首相官邸で記者団の取材に答えた。

・2016年の私とプーチン大統領との長門における合意は、間違いなく、着実に進展をしています。こうした進展を踏まえ、今度ウラジオストクにおいて、平和条約交渉を、次の次元へと進めていくために、腹を割ってプーチン大統領と話し合いたいと考えています。

2019.9.4 14:49
https://www.sankei.com/politics/news/190904/plt1909040014-n1.html

安倍晋三 プロフィール


安倍晋三は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、第90代・第96代・第97代・第98代内閣総理大臣、第21代・第25代自由民主党総裁。自由民主党幹事長、内閣官房長官を歴任した。
生年月日: 1954年9月21日 (年齢 64歳)
安倍晋三 - Wikipedia

ウラジーミル・プーチン


ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチンは、ロシア連邦の政治家。第4代ロシア連邦大統領。
生年月日: 1952年10月7日 (年齢 66歳)
ウラジーミル・プーチン - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

また金払う約束だけして帰ってきそう...

もうちょっと具体的かつ現実的に状況教えて欲しいけどな。

ロシアからみれば、アメリカの同盟国に領土を返すメリットがない。だから交渉では永遠に返ってこない。

日米安保があるうちは北方領土は一生返って来ません。

軍事力が劣ってる現状では、交渉で優位に立つのは無理でしょうね

ただのアピールやからねこれ。国内の信者向けの。

プーチンは腹割らないと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事