新聞を開いて僕は世界を知った=今年度の新聞週間標語

▼記事によると…

・10月15日から始まる第72回新聞週間を前に、日本新聞協会は4日、今年度の「新聞週間標語」入選作を決めた。代表標語は徳島市の小林大樹さん(14)の作品「新聞を開いて僕は世界を知った」。

応募総数は1万4235編だった。

2019年09月04日15時05分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019090400721

2019年度(第72回)「新聞週間標語」入選作一覧

▼記事によると…

・代表標語 1編
新聞を開いて僕は世界を知った

・佳作 10編(順不同)
生き方は ひとつじゃないと 知る紙面

移りゆく時代に変わらぬ信頼感

新聞は 変わる時代の 確かな目

新聞で 増える知識と 減る偏見

どう思う?問いかけている今朝の記事

広げよう 視野と未来と新聞を

人ごとが 我がことになる 新聞で

記事を読み 新たな時代の 風を読む

変わる世を 確かに伝える 今日の記事

新聞を 広げてシェアする 夢・希望

2019年9月4日
https://www.pressnet.or.jp/about/recruitment/slogan/index.html

日本新聞協会


一般社団法人日本新聞協会は、日本の新聞、放送、通信の企業・個人で構成する業界団体。以前は文部科学省所管の社団法人であったが、公益法人制度改革に伴い一般社団法人へ移行した。1946年7月23日設立。
日本新聞協会 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

随分狭い世界だなw

こんなの笑うしかねーだろ、皮肉にしか見えないw

自画自賛が優秀賞・・・

新聞には情報の一面しか載っていないことを知った

新聞止めたら世界が広がった

新聞を開いて僕は捏造の世界を知った

新聞を捨てて僕は真実を知った

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事