政府、全国共通の新ポイント発行 マイナンバーカードを活用

▼記事によると…

・政府がマイナンバー(個人番号)カードを活用して2020年度に実施するポイント制度の概要が1日、分かった。

10月の消費税増税対策で、一部自治体が独自発行する「自治体ポイント」の拡充を検討していたが、変更して全国共通にするのが柱。

民間のスマートフォン決済事業者と幅広く連携し、利用者がスマホに入金すると、地域を問わず使えるポイントを国費で上乗せする。

20年10月に始め、入金2万円に対して5千円分(25%)を提供する案が有力

2019/9/1 21:00 (JST)

https://this.kiji.is/540864300823626849

個人番号


個人番号(こじんばんごう)とは、日本に於いて「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」に基づき、個人の識別番号として各市町村または特別区からその住民に指定される12桁の番号である。通称は「マイナンバー(英: My Number)」。なお、法人や団体などには、個人番号の代わりに同じ根拠法で法人番号が指定される
個人番号 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

なんかすごい。入金額に+25%付与。情報弱者とめんどくさがりやが税金負担か。セキュリティ次第だなあ

実家の父はガラケーも持っていない古い人間です。ただ、セコいからポイントが貰えるということでスマホを持つかもしれません。スマホの月額費用を考えたら赤字になるとは思いますが、ネットにつながることによる恩恵は大きいので、スマホは持っていいと思っています。

マイナンバーカード発行しない人をおびき寄せる国策。還元率25%はすごいですね!詳細待ち(*-ω-)

これ、還元率25%って、すごいですね‼️

2万円入金せんでも、金配れ。( ̄▽ ̄)

つまるところ、この制度はとても大きなお金をかけてポイントカード発行しただけ…?

家族全員分の個人番号カード作っておいてよかった

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認