「韓国敵視やめよ」と都内で集会 市民団体や研究者ら

▼記事によると…

・日韓関係が悪化する中で、日本の輸出規制強化の撤回と対話解決を求める立場から市民団体や研究者、弁護士らが都内で31日、「韓国は『敵』なのか」と題して集会を開いた。安倍晋三政権の対韓外交が経済的損失やヘイトスピーチの増長、交流の縮小を生んでいると批判し「(韓国)敵視をやめよ」との声が相次いだ。

・金子勝・慶応大名誉教授
「政府は否定するが、元徴用工問題の報復として安全保障上の輸出管理問題に結び付けたのが日本だ」

9/1 08:59
https://this.kiji.is/540580036496458849

金子勝 プロフィール


金子 勝は、日本のマルクス経済学者。慶應義塾大学経済学部名誉教授、立教大学大学院特任教授。専門は、制度経済学、財政学、地方財政論。日本経済学会には所属しておらず、経済理論学会に所属。 東京都出身。東京大学大学院経済学研究科中退、学位は経済学修士。 なお立正大学に同姓同名の別人、法学者の金子勝がいる。
生年月日:1952年6月25日 (年齢 67歳)
金子勝 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

いつもの人たちの反日活動。もうやめて欲しい。

市民で国民では無い人の集会それを嬉々として伝える売国通信社

敵視だと?眼中にすらないわ

敵視してるのはあっちの方だから。あっちは良くてこっちだけ批判なんて許されない判断。

そのキャンペーンが功を奏してどんどん嫌われます。

敵視ってだれがしてるの?マスコミやん。

韓国が日本を敵視しているだけです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認