年金、現状水準には68歳就労 財政検証 制度改革が急務

▼記事によると…

・厚生労働省は27日、公的年金制度の財政検証結果を公表した。

・今回の検証では若い世代が何歳まで働けば、今年65歳で年金受給が始まる高齢者と同じ水準の年金をもらうことができるかを試算した。それによると成長率が横ばいの場合、現在20歳は68歳9カ月まで働いて保険料を納め、年金の開始年齢も同様に遅らせる必要がある。働く期間は今よりも8年9カ月長くなる。

同様に現在の30歳は68歳4カ月、40歳なら67歳2カ月まで働いて、ようやく今の65歳と同水準をもらうことができる。

2019/8/27 17:06
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49054290X20C19A8SHA000/

根本匠 プロフィール


根本 匠は、日本の政治家、建設官僚。自由民主党所属の衆議院議員。 第4次安倍改造内閣で厚生労働大臣 、第2次安倍内閣で復興大臣、第1次小泉第1次改造内閣で内閣総理大臣補佐官・内閣府副大臣、第1次安倍内閣で内閣総理大臣補佐官を歴任した他、衆議院経済産業委員長を務めた。 曾祖父は貴族院議員を務めた根本祐太郎。
生年月日:1951年3月7日 (年齢 68歳)
根本匠 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

政権変えないと年金貰う前に死○な。

5年後→死○まで働きましょう

解決には出生率を上げるしかないのに子供持たずに貯蓄に励むのが最適解というデッドロック。どうすんだこれ。

少子化になった時点で詐欺みたいなもん

歳取って身体的衰えや病気を経験してから同じ言葉が言えるか自分で検証してみなはれ。

生涯現役が現実のものに・・・、いわば死○まで働けだそうです。

大丈夫、あと数年すれば更に伸びるのわかってるから!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認