【哀悼の意に感動】国王の訃報を受けたタイ人パイロットが日本で体験した、心温まる対応

Pat PhannachetさんのFacebook投稿より引用

日本が私たちと同じように、君主がいる国であるのには、理由があると思います。

私たちパイロットと乗組員は、日本行きの便に乗っていたので国王の訃報を日本で知りました。

悲しみはありましたが、正式に発表されるまで一時解散しました。

翌日の朝、会社からクルー宛に喪章をつけるように連絡があったので、私は母に頼まれていた品物と喪章を買うためにショッピングモールへ行ったのです。

しかし、喪章を売っているお店はありませんでした。

次に生地を取り扱う手芸店に向かいました。お店には年配の女性従業員が二人いましたが、当然日本語しか話せません。そこで喪章の写真を見せて何とか伝えたのですが、従業員から帰ってきた返事は「ノー」。ここでも売っていなかったのです。

仕方がないので、黒い布を1m買って自分で作ることにしました。

そんな私を見て不思議そうにしている従業員に国王陛下の写真を見せました。

すると私の行動に意味が分かったのでしょう、従業員は「申し訳ございません。申し訳ございません。」と何度も頭を下げ、さらには涙まで流して哀悼の意を伝えてきたのです。

そして、黒い布から喪章まで作ってくれました。

「敬愛する人を亡くす悲しみを共感してくれたのだと思います。」

彼はFacebookに一連の出来事を投稿。

スポンサーリンク

このエピソードは4000回以上もシェアされ、「涙がとまらない」「この2人の方に感謝の気持ちを伝えたい」など、たくさんの称賛コメントも寄せられました。
会ったばかり、しかも他国から来た方の気持ちを想い、涙を流すことのできる人がどれほどいるでしょうか?

改めてプミポン国王のご冥福をお祈りするとともに、パナチェットさんに接したお2人の優しさを、日本国民として、誇りに感じずにはいられません。
(参照 Facebook)








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事