佐藤まさひさ氏のツイート

九州地方等では害虫被害で飼料用トウモロコシが不足し、政府は、海外から前倒し購入等の対策を実施中。

米国からも飼料用トウモロコシが多く購入されていいることから、上記前倒し購入の一環で米国から購入することなった。

佐藤正久 プロフィール


佐藤 正久は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員、外務副大臣。 参議院外交防衛委員長、防衛大臣政務官を歴任。元陸上自衛官。職種は化学科で第1種放射線取扱主任者の資格を持つ。
生年月日:1960年10月23日 (年齢 58歳)
佐藤正久 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

一体どういう合意なのかマスゴミは全く信用してないので機会をみて政府自体の言葉で公表してください。

メディアがきちんと正確に事実を報道してくれないので、こうやって報告いただけるとありがたいです。これからは政府が直接、国民に報告する時代になってくると思いますので、インフラ等の整備をお願いいたします。

また、アメリカに良い顔をして!!日本の農家の人たちを苦しめるのか!!との意見もありましたが、そうだったのですね♪だとしたら、アメリカも、日本もお互いに良いことですね。そして、トウモロコシを食べる動物さん達もお腹満たされますね(*^^*)

工業製品に関税かけられるよりよっぽど良いですね。交渉うまい。

日米の関係がなければ実現しない事だろうな、自民党が、政府が上手く外交しなければ。

いわゆる一つの一石二鳥。

不足や被害や前倒しなどのワードはここで知った初耳情報です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事