知的障害男性の死亡事故巡る裁判が和解 名古屋高裁
<CBC NEWS> 2019/8/20 7:04
全文はこちら

▼ 記事によると…

・重度の知的障害があった男性が施設の外に出て死亡した事故を巡る裁判できのう、施設側が損害賠償を支払うことで和解が成立しました。

この事故は2013年3月愛知県安城市の障害者施設に入所していた重度の知的障害がある鶴田早亨さん(当時28歳)が施錠されているはずの扉から外へ出てスーパーでドーナツを口に詰め込み窒息死したものです。

施設側は遺族に対し1800万円の損害賠償の支払いを申し出ましたが、遺族側は「賠償額が健常者の4分の1程度で不平等だ」としておよそ7250万円の支払いを求め提訴しました。

一審の名古屋地裁は「施設側に過失はなく損害賠償は請求できない」として遺族側の訴えを棄却。遺族側は判決を不服として名古屋高裁に控訴しましたがきのう会見を開き施設側が損害賠償を支払うことで和解したと発表しました。

・死亡した鶴田早亨さんの兄・明日香さん(39)は「いろんな人に助けてもらって得られた結果だと思いますので、早亨も喜んでくれていると思います」と話しています。

金額については明らかにしていませんが当初示された1800万円を上回ったとみられます。

損害賠償


損害賠償とは、違法な行為により損害を受けた者に対して、その原因を作った者が損害の埋め合わせをすること。適法な行為による損害の埋め合わせをする損失補償とは区別される。または埋め合わせとして交付される金銭または物品そのものを指すこともある。 損害賠償制度の目的としては損害の補填と将来の不法行為の抑止などが挙げられる。
損害賠償 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント
  • うちのじいちゃんも餅で死んだから損害賠償すりゃ良かったんか?
  • なんの損害?
  • 自分たちは見捨てておいて金だけ欲しい典型例ですね間違いない
  • 一審がまともすぎる。今後の自分たちや、他の施設の為にも突っぱねないとダメだっただろ
  • 損害賠償は命の値段ではなく、またそう言った意味合いのあるものでもない。普通に、生涯賃金に相応しい額が相当。論点、ずらしてごね得させるのは悪しき前例になるので、判例にならなくてまぁ良かった。
  • 兄のコメントが理解できないんだが
  • 施設に押し付けて知的障碍者を差別するなとは酷い言い草だな
  • 日本の施設が無くなる未来しか見えない

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事