同性パートナーの都立高校教員ら、平等処遇を要求
<産経新聞> 2019.8.19 17:44
全文はこちら

▼ 記事によると…

・婚姻関係にある都職員らに適用される福利厚生制度などが、同性パートナーがいる職員に適用されないのは、差別的取り扱いを禁じる都条例に反するとして、性的少数者「LGBT」の都立学校教員ら2人が19日、地方公務員法に基づき、都人事委員会に均等な処遇を求める措置要求を出した。

・結婚時などに得られる祝い金や休暇、家族向けの職員住宅への入居、介護休暇といった都の福利厚生制度などが、法律上の婚姻関係や、事実婚にある職員のみを対象としていることを批判した。

会見に臨んだ2人は「どんなに一生懸命に働いても自分は結局、差別され続けると思うと、むなしさを感じる。パートナーの性別に関わらず、平等な処遇を受けられ、希望を持って働ける東京都になってほしい」などと訴えた。

性的少数者


性的少数者(せいてきしょうすうしゃ)とは、何らかの意味で「性」(「性別」も参照)のあり方が多数派と異なる人のこと。英語のSexual Minority(セクシュアル〈セクシャル〉・マイノリティ)の日本語訳である。略してセクマイの他に性的少数派、性的マイノリティ、ジェンダー・マイノリティとも言う。一般的に同性愛者、両性愛者、トランスジェンダー(性同一性障害の当事者含む)などが含まれる。 最近の英語圏では、総称として、GSM(「ジェンダーと性的少数」)、GSRM(「ジェンダー、セクシュアリティ、そしてロマンチックマイノリティ」)、およびGSD(「ジェンダーとセクシュアリティの多様性」)が提案されている。
性的少数者 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント
  • 結婚はしてないんだから祝い金なんか出せないだろ
  • どんな処遇よ?そもそもそんな個人的なことをいちいち感知しているものなのかね?
  • そうしたいのなら憲法改正に賛成することですね。憲法を改正しないと平等の処遇は無理。
  • 1番重要な憲法の改正を言わずに都の制度だけを批判とか、都に住んでいないLGBTを蔑ろにした主張。
  • 残念ながら、子を産み育てる可能性がある方は、将来も長らく納税や勤労で社会や国を支える基盤となるため、福利厚生が充実するのはいたしかたないと思われ、、、
  • これ認めたら、事実婚も祝い金が出るね。交際してるだけでも事実婚だと言い張れば良い
  • 都立高校教諭ってこういうのもいるのか?「利権」だと思ってるんだろうな。
  • なんかおかしい。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事