韓国紙幣の絵を描いた画家が親日家と判明し大混乱 新日辞典から発覚 紙幣全取っ替えか?
<ゴゴ通信> 2019/08/19 18:38:31
全文はこちら

▼ 記事によると…

・韓国のウォン紙幣に書かれている韓国の偉人の絵を描いた人物が親日家だったと発覚し韓国が混乱に陥っている。韓国では5000ウォン、1万ウォン、5万ウォンが存在するが、その全ての絵を親日画家の作品だと分かった。

・この紙幣の作品を描いたのは“張遇聖(チャン·ウソン)画伯”だ。彼は日帝末期、日本皇軍入隊を奨励する作品を作って「親日人名辞典」に登録されている人物だ。

・現在の韓国の状況からして親日画家が描いた紙幣を全てなくし、新たな紙幣に変えそうな勢いである。そもそも親日人名辞典なるものが存在するのが恐ろしい。

大韓民国ウォン


大韓民国ウォンは、大韓民国の通貨単位。通称:韓国ウォン。 韓国中央銀行である韓国銀行が発行する。製造は韓国造幣公社が行っている。 北朝鮮ウォンと共通の事柄についてはウォンも参照。
大韓民国ウォン - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント
  • 流石にそのくらいは妥協しろよ…w
  • 親日罪だけでなく親日辞典まであるのか
  • 燃やすのが早いか、韓国経済破綻によるハイパーインフレで紙屑になるのが早いか、、、、、
  • どうせもうじき紙屑じゃないですか
  • 親日家だから何だっていうの?これで大混乱とかwそこまでやるのなら日本製のものは徹底的に排除しよう!
  • まるで魔女狩り😱本当、中世の暗黒時代...
  • 韓国がセルフ経済制裁で日々新しい話題を提供してくれるのは朝の連続ドラマを見てる感じです。明日はどうなるかな。
  • 坊主にくけりゃ袈裟までを絵にかいたような行為で笑いますねw

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事