日本の工作機械はドイツなどで代替可能! しかし現場は日本製品に慣れてしまい入れ替えると現場は混乱
<ゴゴ通信> 2019/08/19 10:21:51
全文はこちら

▼ 記事によると…

・日本の韓国輸出規制により工作機械を日本製から他国製に入れ替えようという意見が韓国内で出ている。

業界によると現在の工作機械メーカーはほとんどが日本のファナック株式会社のものを使用しており、そのシェアは韓国内で90%にもなる。精密加工に必要なCNCモジュールもファナックが韓国内シェアを半分以上を占めている。

・業界関係者は、「ファナックCNCモジュールは、ドイツのシーメンスが製作したモジュールあるいは国内メーカーのモジュールなどで代替が可能である」と語った。

しかし、数十年間慣れた日本のシステムと部品を突然変えるとなると工作機械が使用されている産業現場の混乱は避けられないどころか、精密さも変わって来るという。

業界では「日本のオペレーティングシステムとCNCモジュールを置き換えることができますが、数十年間、日本のシステムで作業をしてきた現場の立場では、新しいシステムを学ばなければならない煩わしさがある。これに加えて、物理的距離が遠いドイツやアメリカでシステムを置き換えることになれば、コストの上昇、AS遅延などの問題もある」と述べた。

ファナック


ファナック株式会社は、日本の電気機器メーカー。社名のFANUCは「Fuji Automatic NUmerical Control」の頭字語。工場の自動化設備に特化したメーカーで、工作機械用CNC装置で世界首位、産業用ロボットでも世界首位。
ファナック - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント
  • そもそも入れ替える金あんの?
  • ドイツ製でもNCはFANUCだったりするんだよね!シーメンスは韓国の気候に合うのかな?日本では湿度気温が高いからすぐ壊れるけど
  • なんで規制されてない工作機まで入れ替えるの?
  • まぁ日本でもドイツ製の足場とかはあるが導入費用もバ○にならんから多種多様になっているんだよなぁ
  • ドイツ製使って頑張れよ。まあドイツ製の製造装置って「なんで?」って感じの融通の利かなさで慣れるの大変だけどなw
  • いやいや、入れ換えるのはタダじゃないねん
  • 勝手にやってろとしか言いようがない
  • 何も考えてないア○の政治家が言ってるだけで、企業側は迷惑なだけなのが本音じゃないかね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認