毎日新聞リストラ第1弾は幹部67人の削減、禁じ手の最終版繰り上げにも着手
<ダイヤモンド・オンライン> 8/13(火) 11:25
全文はこちら

▼ 記事によると…

・リストラを実施中の毎日新聞社で、67人の幹部(部長職以上とその経験者ら)が早期退職に応じたことがダイヤモンド編集部の取材で分かった。同社は会社に残る社員の負担を軽減する考えだが、「実質的な賃金カット」につながる新聞制作の見直しに労働組合は反発を強めている。

・毎日新聞は50歳代の早期退職を実施しており、今回はその第1弾に当たる。

・毎日新聞は第2弾として今後非幹部の早期退職の募集を始め、2019年度内に幹部・非幹部合わせて200人規模の人員削減を行う。

・67人も幹部が辞めれば新聞制作に支障が出そうなものだが、毎日新聞にとってその退職者数は決して多すぎることはない。何せ、50歳代の社員の半数が部長職以上に就いており、その数は全社員数の2割に相当する418人に上っていたのだ。

・毎日新聞は働き方改革と称して会社に残る社員の負担軽減を行っているが、その中で波紋を呼んだのが、「最終版の繰り上げ」だ。

新聞制作では、印刷拠点から読者宅が遠いエリア向けの締め切りが早い版から、都内などに配る最終版まで、複数の版を作るが、毎日新聞は夕刊を1つの版に減らすとともに、朝刊の最終版の締め切りを30分以上繰り上げる。

締め切り後に重大ニュースが入れば、柔軟に対応するようだが、紙面の品質にネガティブな影響が出るのは避けられず、新聞制作の禁じ手とも言える。

毎日新聞


毎日新聞は、日本の新聞のひとつ。毎日新聞社が発行している。 日本国内で一番歴史のある新聞。戦前から朝日新聞と共に2強に数えられていたが、拡販競争と西山事件による経営危機で後れを取り、1960年代後半から1970年代前半に掛けての読売新聞の発行部数増加などで販売不振が続いた。
毎日新聞 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント
  • えっ約2000人中836人も50代なん⁉️
  • 偏向新聞はいらんし
  • それだけ部長が沢山いるなら、部長部という組織があるのではないか?ちょっとしたミーティングでも部長会やな😄
  • 嘘ネタ!飛ばし記事ばっかりなんだから最低賃金でいいだろう
  • 部長以上が二割以上もいる組織なんて、歪すぎます。確か50歳以上の半分近くが部長以上ということだったはずなので、10年もすれば自然と退場していき、現場も混乱します。
  • ようやく淘汰が始まる感じですかねぇ。
  • みんな部長。笑 役職は部長補佐とかかな?
  • 典型的な日本企業の末期症状。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認