5歳のカイデンくんは、FPIESと呼ばれる重い乳児消化管食物アレルギーを患っており、現在わかっているだけでも、12の食品を口することができません。

さらに、まだ食べたことがない多数の食品についても、拒否反応が出ることが想定されています。

可否を事前に調べることも出来ないため、幼稚園でも、周りの子ども達と同じものは食べられませんでした。

普段はもちろん、特別なパーティや誕生会がある日でも同じです。

友達が市販のカップケーキやスナック菓子を美味しそうに食べるなか、カイデンくんはひとり、母・シャノンさんが用意した別のものを食べていました。

そんなある日のこと。

幼稚園で再びパーティが開催されることを知り、シャノンさんはいつもと同じように、アレルギー反応の出ない食べ物を準備しようとしていました。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

ランキングに参加しています!
↓↓↓

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事