呉善花氏が解説『韓国には前科40犯、50犯がざらにいる理由』

韓国には前科40犯、50犯がざらにいる理由
<NEWSポストセブン> 2019.08.10 07:00
https://www.news-postseven.com/archives/20190810_1427820.html

▼ 記事によると…

・どうして、韓国には日本の常識が通じないのか。大反響を呼んでいる『韓国を蝕む儒教の怨念~反日は永久に終わらない』を上梓した著者の呉善花氏は「韓国の歴史が理解できれば、韓国の異常性も納得できるはずだ」という。

・韓国人は一般に、歴史的に日本人は野蛮な民族で、自分たちは平和的で高度な文化を持った民族としてあり続けた、という見方をしたがる

・これは現代の反日教育だけでなく、朝鮮半島最後の王朝として登場した李朝時代に培われてきた中華主義と、それに基づく華夷秩序の世界観によるもの。中国の統一王朝が世界の中心にあり、その中心から離れれば離れるほど野蛮で侵略的な者たちが跋扈する文化果てる夷族の地となる

・つまり韓国からすれば、中心から離れた日本は明らかに自らも劣った野蛮な夷族の地と認識している

・李朝では“情理を追求する精神”が強固に働いていた。現代韓国も“法よりも情が優先する”状況下にある

・韓国では酒に酔っての犯行であれば、「情理」の判断をもって必ず減刑されるし、単純暴力では前科の有無を問わず罰金・略式起訴で裁判までいかないのが司法界の慣例。そのため、韓国には前科40犯、50犯がざらにいる

・近代法治国家の裁判では、具体的なルールがあり、“情理”や“情実”が絡む判断は規制・排除され、事実(証拠)に基づいた客観的な判断が下されていく構造になっている

・しかし韓国の場合、そのときどきの“この辺が正しい”という国民の思いに引きずられる。国民の思いが正義になってしまうので、慰安婦合意の一方的破棄や元徴用工者への賠償判決が起こってしまう

・“国民的合意”があれば、国と国との約束を反故にしようが、あとでルールを自分たちに都合良く変更することなど意に介さない

・韓国は民主国家ではない、ということをまず認識しなければならない

呉善花 プロフィール


呉 善花は、韓国生まれの評論家、日本研究者。済州島出身。 大東文化大学卒業後、東京外国語大学地域研究研究科修士課程修了。 拓殖大学国際学部教授。元韓国籍で日本に帰化。
生年月日:1956年9月15日 (年齢 62歳)
呉善花 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント
  • 嫌韓派の韓国叩き記事かと思いきや、呉善花女史による記事だった。
  • この極端な記事の見出しわろたと思ったらやっぱり呉善花先生だったわ。呉善花先生の書籍面白いから全部チェックした。親戚の結婚式に出席しようと韓国に行ったら入国拒否された話が1番面白かったです。
  • 呉善花さんよく言って下さった。自分が韓国について勉強した事が全て当たってて韓国出身の方にその考えが正しい事のお墨付きを得た感じだ。
  • なるほど 自分らで 身の程を分かるしかないって事ね
  • よくわかる韓国人の思考
  • なるほど、法より情が優先されるのか。なら何のための法律だよ…
  • この解説を読むとかなり腑に落ちる。ダメとかじゃなく文化文明価値観感覚の違い。
  • なんだか分かりやすい解説、しかし根深い問題のようで、、、

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします

twitterで速報配信中

アンケート投票 & 結果確認