竹田恒泰氏「津田大介は被害者面してるが加害者。自分がやろうとした表現が適切か一言も触れない…」

津田氏は、加害者と認識すべき

竹田恒泰
津田大介は被害者面してるが加害者。自分がやろうとした表現が適切か一言も触れない。被害者面してるが昭和天皇の御真影を焼くパフォーマンスで傷ついた人はどうなる?加害者と認識すべき

竹田恒泰 プロフィール


竹田恒泰は、日本の政治評論家、作家。 旧皇族の竹田家に生まれる。竹田恆和は父。男系では南北朝時代の北朝第三代崇光天皇の19世の子孫、女系では第123代大正天皇の実妹・昌子内親王の曾孫にあたる。また第125代天皇明仁の再従甥、第126代天皇徳仁の三従弟にあたり、明仁と今上天皇の続柄は何も父方で女系の系統に属する。
生年月日: 1975年10月24日 (年齢 43歳)
竹田恒泰 - Wikipedia

津田大介 プロフィール


津田大介は、早稲田大学文学学術院教授、有限会社ネオローグ代表取締役、一般社団法人インターネットユーザー協会代表理事、政治活動家。 大阪経済大学情報社会学部客員教授、朝日新聞社論壇委員、新潟日報特別編集委員も兼任している。
生年月日: 1973年11月15日 (年齢 45歳)
津田大介 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント
  • 戦争犯罪の被害者にも思いを馳せましょう。
  • 大村知事は行政の長の体をなしていません。余りにも思想が一般と乖離している。
  • 表現の自由なら何でもあり...なら、ヘイトスピーチもありになりますよね...二重基準?
  • 津田君は、日本人に対してはヘ◯トをしてよいという論拠を示してほしい。
  • 被害者ヅラするところまで計画に入っていそう。
  • 根本は津田大介を監督にした文化庁長官を担ぎ上げた自民党内の日韓議連だと思う
  • これは私も思いました。彼は決して被害者ではないです
  • しかも、それを公資金で実行したんですからね。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認