日本企業の資産差し押さえ決定文 外務省が韓国側に返送=徴用訴訟

▼記事によると…

・韓国大法院(最高裁)が日本企業に賠償を命じた強制徴用訴訟を巡り、資産の差し押さえを通知する裁判所の決定文を日本政府が被告企業に送達せず、韓国側に返送したことが6日、明らかになった。

強制徴用被害者の代理人団によると、日本の外務省は大法院所属機関の法院行政処が1月25日に日本製鉄(旧・新日鉄住金)に送達するよう求めて発送した海外送達要請書を先月19日に返送した。海外送達要請書には、1月に大邱地裁浦項支部が認めたPNR(日本製鉄と韓国鉄鋼最大手・ポスコの合弁会社)の株式差し押さえの決定文が含まれていた。法院行政処が7月25日に受領した返送書類には返送の理由は一切記されていなかったという。

・代理人団は、外務省のこのような行為は韓日両国が加入している「民事または商事に関する裁判上および裁判外の文書の外国における送達および告知に関する条約」(ハーグ条約)に明白に違反していると指摘した。

2019/08/06 19:20
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/06/2019080680179.html

ハーグ条約
ハーグ条約(ハーグじょうやく、英語: Hague Convention、Treaty of The Hague、Treaty of Den Haagなど)とは、オランダのハーグで締結された条約。 ハーグ条約 (1433年) - 1433年4月12日に締結された条約。

徴用工訴訟問題


徴用工訴訟問題(ちょうようこうそしょうもんだい)とは、第二次世界大戦中日本の統治下にあった朝鮮および中国での日本企業の募集や徴用により労働した元労働者及びその遺族による訴訟問題。元労働者は奴隷のように扱われたとし、現地の複数の日本企業を相手に多くの人が訴訟を起こしている。韓国で同様の訴訟が進行中の日本の企業は、三菱重工業、不二越、IHIなど70社を超える。
徴用工訴訟問題 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント
  • ハーグ条約は、知ってたんだ。なら、日韓基本条約・日韓請求権協定も、見直せば?
  • 貫き通せよ、外務省?
  • アダルトサイトの架空請求メールを無視したみたいなもんか?
  • 条約を守らない国が、ハーグ条約違反だとか騒ぐなんて、ちゃんちゃらおかしい。
  • 親分が梯子外さない人だと分かるとやはり仕事ちゃんとする方出てくるんですねえ。防衛省の方はなんだか心配なんですけど・・・
  • 最近当然の仕事をしてくれる官庁が増えて嬉しいです。
  • 外務省すらこれかw今回は足並み揃ってるなw
  • 丁寧な無視。やっぱコレが一番効くんだろうな

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事