てんねんDr.さんのツイート

児童精神科医を20年やって感じたこと

友だちはいたほうがいいかもしれないけど毒になるくらいなら作らなくていい

学校も行くにこしたことはないかもしれないけど毒になるくらいなら行かなくていい

親以外の、信頼できる大人をひとりでいいから作ってほしい

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

児童精神科医


小児・児童期におきる精神障害・行動障害の診断・治療を専門とする精神科医。専門学会である一般社団法人日本児童青年精神医学会(前身は1960年に設立された日本児童精神医学会)は、「多彩な問題行動や精神身体症状を検討し、発達レベル、気質、家庭、学校などでの行動を総合的に評価し、発達的視点を重視した診断・治療・予防をしながら、子どもの精神的健康の達成を図る(概略)」役割があるとしている。
対象となる病気等は、自閉症などの発達障害、注意欠陥多動性障害(ADHD)、拒食・過食症、うつ病、統合失調症などの精神障害から、いじめや暴力、薬物乱用、乳幼児の虐待や家庭崩壊まで広い範囲に及んでいる。
児童精神科医 - コトバンク

twitterの反応

▼ネット上のコメント
  • 信頼できる大人1人でいいから欲しいですよ…
  • 過去に学童クラブの指導員をしていた者です。学童で働いたいた時は、3番のような立場の大人になれるよう子どもたちと接してました。子どもに信頼されるってとても嬉しい反面、責任の重さも感じました。
  • 3番、子供にはすごい難しくね?
  • 昔から裏切られる事が多くて人を信じられません。
  • 三番目はきっと小学校低学年の時の担任の先生だ。50年以上たったけど、今も年賀状で近況報告をしている。
  • 信頼できる大人にこれまで出会えませんでした。これから出会えるでしょうか
  • 「親以外の」になりたくて今必死です。
  • やっぱり、友達は量より質

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事