「日本の抗議は内政干渉」とロシア 「ビザなし渡航で日本側に違反行為」とも

▼記事によると…

・ロシアのモルグロフ外務次官は6日、上月豊久(こうづき・とよひさ)駐露大使を同省に呼び、メドベージェフ首相による北方領土・択捉(えとろふ)島訪問やロシア軍が国後(くなしり)島周辺で実施している射撃訓練に対する日本政府からの抗議について、「ロシアへの内政干渉に極めて近い」と抗議した。露外務省が同日、発表した。

・露外務省はホームページ上に同日掲載した声明で、「島は第二次世界大戦の結果として合法的にロシア領となった。島でのロシアの経済的・軍事的活動に関する日本政府のコメントは内政干渉の試みに極めて近い」などと主張した。

・露外務省はまた、北方領土のロシア人住民と日本人の元島民らが相互に行き来する「ビザなし交流」をめぐって日本側参加者に違反行為があり、強い抗議を伝えたとも発表。これについて同大使館は「事実関係を調査中だ」としている。

2019.8.7 08:05
https://www.sankei.com/world/news/190807/wor1908070010-n1.html

イーゴリ・モルグロフ


イーゴリ・ウラジーミロヴィチ・モルグロフは、ロシアの外交官。ロシア連邦外務次官。
生年月日:1961年5月4日 (年齢 58歳)
イーゴリ・モルグロフ - Wikipedia

上月豊久 プロフィール


上月 豊久は、日本の外交官。外務省欧州局長、官房長を経て、2015年11月19日からロシア連邦駐箚特命全権大使。
生年月日:1956年10月25日 (年齢 62歳)
上月豊久 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント
  • 「不法に占拠した」の間違いです。
  • 約束破って奪ったのを、誇りに思ってるのね。
  • 北方領土返還交渉について、今回は期待した成果があがらなかったことを素直に認めること。それから、対策を考えること
  • 合法ではない。
  • 占守島をソ連軍が攻撃したのは、日本がポツダム宣言を受諾した後の8月18日だったのでは?「勝てば官軍」という言葉があるけれど、勝った側が合法だというのは暴論です。
  • ロシアとは深入りしない方がいい。北方領土問題は解決困難。
  • 維新が謝罪した所為で口実にされてるな。
  • 相変わらず「どさくさに紛れて」が大好きなロシア。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事