ドイツのハーゲン警察署がFacebookに投稿した内容が話題になっています。

ある日ドイツのハーゲンにある、ハーゲン中央駅の近くで事故が発生しました。

赤信号を無視した車が少女をはね、重症を負ってしまう悲しい事故でした。

少女は病院へ搬送されましたが、このとき、現場では『もうひとつの悲しい事件』が発生したといいます。

それは信じがたいことに、周囲にいた人たちが携帯電話で被害者の少女を撮影するというものでした。

「こんな酷いことは、許されない!」

その日、この事故に対応したハーゲン警察署はFacebookに野次馬に対するメッセージを投稿しました。

そこに綴られていたのは、野次馬行為をする人たちへの怒りと、悲しみでした。

▼その内容がこちら

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事