妻子亡くした男性署名活動 池袋暴走事故、厳罰求める

▼記事によると…

・東京・池袋で乗用車が暴走して松永真菜(まな)さん(31)と長女の莉子(りこ)ちゃん(3)が死亡した事故で、夫の男性会社員(32)が3日、運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)に対して、できるだけ重い罪での起訴と厳罰を求める署名活動を事故現場近くで行った。

・松永さんの父で会社員の上原義教(よしのり)さん(61)も参加し、「娘と莉子ちゃんに戻ってきてほしい。どれだけ日にちがたっても悔しさでいっぱいです」と涙ながらに話した。

2019.8.3 10:45
https://www.sankei.com/affairs/news/190803/afr1908030004-n1.html

飯塚幸三 プロフィール


飯塚 幸三は計量学を専門とする日本の研究者、通商産業省技官。東京大学工学博士。硬さ測定や形状誤差の研究に実績があり、計測の国際標準化活動にも貢献した。計量研究所所長、工業技術院長、クボタ取締役を歴任。15年間委員を務めた国際度量衡委員会では日本人初の副委員長にも就任し、世界計量記念日を提案した。
生年月日:1931年6月1日 (年齢 88歳)
飯塚幸三 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント
  • 署名で罪が重くなるのはどうかと思う。
  • 郵送で署名送りました!いまだに逮捕されないのはおかしいよ
  • 「厳しい」じゃなくて、「正当な捜査と真っ当な判決を!そして自分の犯した罪を償って下さい!」と、切に願います。
  • ご遺族は今の司法の対応に全く納得できていないという状況ということですね。あと、彼の奥さまとお嬢さま以外にも被害者はいるわけでこの方々たちも納得できていない可能性が高そう。。。
  • 日本は法治国家です。署名で処分の重さが決まったら刑法は何のためにあるのか?
  • ↑法治国家であるにもかかわらず、飯塚は処分すらされておりません。法は誰の元にも平等なはずです。これは処分の重さではなく、処分をしてほしいとの署名活動では?
  • 特別扱いをせず公平に裁いて欲しいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事