日本、米メディアに「勤勉に働き、薬物乱用も犯罪も少ないのに貧しい人が多い国」の例として挙げられる…

「日本は暴力・薬物事件も少なく殺人件数も低く就業率も高いがいまだに貧困率が高い」と海外で報じられる

▼記事によると…

・アメリカでは保守派を中心に、貧困の原因を個人に帰する考え方があります。この考え方への反論として、「勤勉に働き、薬物乱用も犯罪も少なく、シングルマザーも少ないのに貧しい人が多い国がある」という例として、日本が引き合いに出されています。

・日本はアメリカに比べて、暴力的な事件の数が少なく、特に「人口10万人に対する殺人事件の発生率」はアメリカが5.3なのに対して0.3と、圧倒的に低いのが特徴的。犯罪の発生率でも低い水準にあります。

薬物については、依存症の治療が満足に行われていないという批判はあるものの、薬物に関する裁判事例は年間1万3000件とそう多くはないとのこと。

また、母子世帯・父子世帯の数も2016年の調査で約140万世帯、全世帯に対する割合は約3%と、アメリカよりかなり少ない数となっています。

そして、労働年齢の就業率も、アメリカの71%に対して日本は77%なので、働いている人が多いといえます。

・こうした結果からは「日本には貧しい人は少ない」と考えるのが妥当です。しかし実際には、国民所得の中央値の半分以下の人口を示す「貧困率」は15.7%で、アメリカの17.8%よりは低いものの、カナダ(12.4%)、オーストラリア(12.1%)、イギリス(11.1%)、ドイツ(10.4%)、スウェーデン(9.3%)、フランス(8.3%)を上回っていて、「先進国にしては貧しい人が多い」という状況です。

2019年07月31日 21時50分
https://gigazine.net/news/20190731-japan-poverty/

ブルームバーグ


ブルームバーグは、経済・金融情報の配信、通信社・放送事業を手がけるアメリカ合衆国の大手総合情報サービス会社。本社はニューヨークにある。
ブルームバーグ - Wikipedia

▼関連ツイート

twitterの反応


▼ネット上のコメント

真面目に頑張って貧困になる国が日本。夢も希望もない。政治が悪すぎるのが原因。

なかなか凄いことが書かれてあります。海外から見ると一部の富裕層を除いて、日本は既に貧困国に入りつつあると思い知らされた。

日本が経済大国だと思ってるのは日本人だけだったという現実。

アメリカ、分かってる。 思いやり予算なんて組んでられる場合じゃないんですよ!

一般国民が真面目なのに貧困って、案に政治が腐ってるって批判されてますやん

日本は経済規模に対して平均年収低すぎるからねw明らかにどこかが横から金を吸い取ってる。

…とうとう、でもきっとこの記事を認めない貧しい日本人は多いんじゃないかな?現実逃避しちゃって😰格差が広がりすぎて

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認