「まっちゃんがいたから連覇ができた」吉田沙保里に挑み続けた世界最強の2位

▼記事によると…

・2020年の東京オリンピックまで1年を切った。そこで7月28日放送の「ジャンクSPORTS」(フジテレビ系)では、「オリンピック22の新事実!3時間SP」と題し、レジェンドアスリートからオリンピックの名場面に隠された新事実を語ってもらった。

・「まっちゃんがいたからこそ、五輪で連覇ができたと思っています」と語るのは、個人戦206連勝、世界大会16連覇、4度のオリンピックに出場、と輝かしい成績を残した女子レスリングのレジェンド・吉田沙保里さん。

・そんな彼女の活躍の裏には、松川知華子さんというライバルの存在があった。

吉田さんの2歳年下で、高校時代から何度も対戦し、その数17戦。すべて吉田さんに負けているが、17戦中、松川さんが準優勝した回数は13回。最も吉田さんと決勝を争った選手でもある。さらに、吉田さんが不在だった2011年のアジア選手権などでは優勝を重ねている真の実力者だ。

・そんな松川さんは「今は結婚して子どもと一緒に過ごしています。もしかしたら、これだけは沙保里さんに勝っているかもしれないです」と微笑んだ。

2019年7月28日 日曜 午後10:00
https://www.fnn.jp/posts/00047431HDK/201907282200_reporter_HDK

吉田沙保里 プロフィール


吉田 沙保里は、日本のレスリング選手・指導者。女子レスリング個人で世界大会16連覇、個人戦206連勝を記録し、「霊長類最強女子」の異名を持つ。2012年には13大会連続世界一でギネス世界記録認定、国民栄誉賞受賞を成し遂げた。紫綬褒章受章者。父親はレスリング選手・指導者の吉田栄勝。 中京女子大学卒業。同大学元副学長。
生年月日:1982年10月5日 (年齢 36歳)
吉田沙保里 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

彼女に対しては特に思わなかったけど、そういう流れにしたかった番組サイドというか、それが当たり前な感じが嫌だな〜って思いました。

そんな勝ち負けを言ってる奴は、結婚できたけど理想の生活が送れてない奴らじゃね?

えっ?いまだに『結婚・出産』が勝ちとか言ってる人居るん?

同感です。そこでしか勝負できない人なんだろうなーって思いながら観てました。

女の敵はいつも女

「既婚子持ち」は劣等感にドストライクなんやろなぁ

「勝ち負け」じゃない…。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認