吉本「死亡しても一切責任負いません」 研修生に誓約書

▼記事によると…

・死亡しても責任は一切負いません、賠償請求もできません――。

所属芸人の多くと契約書を交わしていなかった吉本興業が、そんな規約を承諾する誓約書を提出するよう、芸人養成所「NSC」の合宿に参加を希望する研修生に求めていることがわかった。

朝日新聞が規約の内容について尋ねたところ、吉本興業は「間違った内容が記載されているため修正する」と説明した。

2019年7月31日05時05分
https://www.asahi.com/articles/ASM7Z3F1VM7ZUTIL00H.html

吉本興業


英語から翻訳-吉本興業は日本の大手エンターテインメントコングロマリットです。 1912年に大阪で伝統的な劇場として設立され、以来日本で最も影響力のある会社の一つに成長し、日本で人気のある大才能の大部分を雇用し、彼らが出演するショーの制作と宣伝を行っています。大阪と東京に駐在しています。
CEO:大﨑 洋 (2009年4月1日–)
吉本興業 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

死ぬような事をするの??

『修正する』と、さも責任取りたくないよーと言いたげな回答に、吉本は笑いじゃなく苛立ちを提供してくれる。

これも場を和ませるための冗談?

さすがにあかん。

こういったことは書面を取るのかよ

死ぬようなことするのか…どんなことさせてるん?

雇用契約書がないのに、この誓約書はあるのか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事