この出来事は、2016年12月25日、ウクライナ・ザカルパッチャ州のウージュホロドのとある線路上での出来事です。

動物救助隊の元に、線路の上に2日間もとどまっている2匹の犬がいるという連絡が入りました。

救助隊のスタッフが現場に駆けつけたところ、線路上には、負傷したメス犬をそばで見守るオス犬の姿を発見しました。

この線路は現在も列車が走っており、救助隊の作業中も当然列車は運行しています。

そのため救助に時間をかけたくないところですが、このオス犬は過剰なほどに人間を警戒しており、線路上から犬をどかすどころか、犬に近づくことすらままなりません。

そして列車がやってきます…


このままでは2匹とも轢かれてしまう…

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

ランキングに参加しています!
↓↓↓

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事