イ・ボミも心配? 少女像で気になるスポーツ日韓関係の行方

昨年末から連日報じられている韓国・釜山の日本総領事館前に新たに設置された、慰安婦を象徴する少女像。両国の間に「トゲ」のように刺さったままだった旧日本軍の従軍慰安婦に関する問題については、平成27年12月28日の日韓外相会談で、「最終かつ不可逆的な解決」とし、日韓両政府で合意された。

これにより、日本政府は韓国が元慰安婦支援のため設立する財団に10億円を拠出したわけだが、両国外相の共同発表からわずか1年で、韓国内では「10億円返すから、合意は無効にしろ」との声が日増しに高まっている。

本来スポーツは、政治の影響を受けるものではないが、この問題がこじれることにビクついているのが、女子プロゴルフの関係者だという。

今や国内ツアーは38試合まで増えて、賞金総額(37億1500万円)は5年連続過去最高額を更新。まさに全盛期だ。

「その人気を支えているのは、美人プロのイ・ボミです。ゴルフ誌は彼女が表紙だと売り上げが増加するというし、彼女の笑顔見たさに試合会場にやってくるギャラリーは少なくない。大会前夜祭ではプロアマ戦の出場者らに笑顔で記念撮影に応じ、どこでもモテモテです。目を見つめながら握手された企業のお偉いさんたちは一発でイ・ボミのファンになる。イ・ボミ以外の韓国選手も実力があってサービス精神が旺盛ですから人気がある。大相撲のモンゴル勢ではないが、近年の日本の女子ゴルフも韓国選手への依存度が高い。女子プロ協会は今年、創立50周年。記念すべきシーズンですから、『慰安婦問題がこじれにこじれて韓国選手が日本ツアーを欠場するなんてことになったら大変』という声も一部から出てきたのです」(テレビ関係者)

日本と韓国との関係はこれまでも決して良好とは言えなかった。スポーツにおける日韓対決では韓国選手はいつも以上に闘志をむき出しにし、それこそ死に物狂いで日本選手に向かってくる。ここにきて再燃した慰安婦問題で両国関係が悪化すれば、女子プロだけでなく、日本を主戦場として大金を稼ぐ韓国選手は、昨年までと同じというわけにはいかないだろう。

韓国情勢に詳しいジャーナリストの太刀川正樹氏はこう言う。 

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事