甘利明氏「憲法改正したくないならその議論をすべき。野党は稚拙なすり替えで『審議拒否は自民党』と子供みたいな言い草…こういうのはやめるべき」

憲法改正、屁理屈をつけて審議拒否はやめるべき

甘利明
議論するのが国会の責務。違いや安倍総理を理由に議論拒否はあり得ない。憲法改正したくないならその議論をすべき。野党は稚拙なすり替えで『審議拒否は自民党』と子供みたいな言い草。テーマも決めていいと言っても屁理屈をつけて審議拒否。こういうのはやめるべき。

Dappiさんのツイート

甘利明 プロフィール


甘利 明は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、さいこう日本代表、自由民主党選挙対策委員長・知的財産戦略調査会長。 労働大臣、経済産業大臣、内閣府特命担当大臣、内閣府特命担当大臣、通商産業政務次官、衆議院予算委員長、自由民主党政務調査会長、自由民主党財務委員長、自由民主党行政改革推進本部長等を歴任した。
生年月日:1949年8月27日 (年齢 69歳)
甘利明 - Wikipedia

動画を見る

関連動画

twitterの反応

▼ネット上のコメント

簡単に大型連休に突入する給料泥棒ですからねぇ。

予算委員会を開かなかったのはどこか。議論しないというが対案もだし、審議している。印象操作はやめて下さい。自民こそ、震災時に嫌がらせのためだけにどれだけの審議拒否をしたか。

参院規則やぶってまで予算委員会をサボり続けた与党が、なに言ってんだか。

維新以外の野党な😑

スッキリ✨。甘利さんありがとうございます(^^)。

議論のすりかえはあっち系の党の常套手段。あっちの国は輸出管理問題でもあっち系の党と同じことことをまたやったはりましたし。

自分で原因作っておいて「お前のせいだ!」って言うのは、全くもって隣国と同じと改めて強く思う今日この頃です。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします

twitterで速報配信中

アンケート投票 & 結果確認