玉川徹氏、日韓の輸出規制問題で日本の外交を「ヘタクソ。やっぱり鍛えられていない」

▼記事によると…

・17日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)で日韓の輸出規制問題を報じた。

・番組では両国の食い違う言い分などを紹介したが、番組コメンテーターで同局の玉川徹氏は日本側の対応を「ヘタクソ。この国の外交っていう問題をずっと言っているんですけど、やっぱり鍛えられていないと思う」とした上で「今後、WTOの話になっていくと思うんですけど正しくても負けちゃうよって」と指摘した。

・12日に経産省で開かれた日韓両国の事務レベルによる「輸出管理に関する事務的説明会」を報じた。

・この会合を玉川氏は「例えば今回の会合にしても、頭撮りするつもりはなかったって。これだけメディアで日韓で騒ぎになっているものを頭撮りしないっていう話になるわけじゃない。意図を持っているつもりでやったのかもしれませんし、もしかしたら本当にただの説明会だから普通に説明会としてやるつもりだったんですって思っているとしたらヘタクソもいいもので、また韓国に突っ込まれるところを作っちゃった」と指摘。

2019年7月17日 9時11分
https://hochi.news/articles/20190717-OHT1T50051.html

玉川徹 プロフィール


玉川 徹は、テレビ朝日報道局コメンテーター室コメンテーター。元リポーター・ディレクター。
生年月日:1963年 (年齢 56歳)
玉川徹 - Wikipedia

▼関連ツイート

twitterの反応

▼ネット上のコメント

いつものモーニングショーですねぇ

これリアルで見てたけどテレビに物投げつけたくなったわ

初めから「事務的説明会」で外交でも何でもないって言ってただろ。それを冷遇されたとか喚いてる方がおかしいんだよ

悔しいのう悔しいのう。

タマキンの保証付きだやったぜ

経産省がこれだけ頑張ってくれてるんだから外務省も頑張ってね

冷遇したからWTOで負けるって言うのか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事