ウクライナ人政治学者「毎回選挙運動を見る限りイライラします…」

グレンコ アンドリーさんのツイート

愚痴で失礼します。

毎回選挙運動を見る限り、イライラします。

どの党の候補者も、暮らしや社会保障の話ばかりしていて、防衛や外交または、国家、民族アイデンティティーと言った重要な話題について誰も話していません。

その理由は勿論分かります。

有権者はこのような話題にしか興味ないからでしょう。

↓↓↓

アンドリー・グレンコ


アンドリー・グレンコは、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の首都キエフ出身の国際政治学者、日本研究者。日本ウクライナ文化交流協会政治担当部長。
生年月日: 1987年 (年齢 32歳)
アンドリー・グレンコ - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

これを平和ボケと言います。

自民党の護る会も注目です

国民に分かりやすい部分しか言わない。だが、防衛や外交などの難しい話をすれば、聴衆は聞きもしない。これが日本人の戦後GHQが洗脳した結果。

自民党 選挙の時は威勢のいいこと言ってるけど、本当に改憲する気があるなら今回の増税はしなかったと思う。

私は国防、治安維持がとても気になります。なので自衛隊の待遇改善をやってくれそうな候補者を調べて投票するつもりです。

社会保証の不安を煽り、無駄に問題視して、改憲外交等の問題から逃げてる様に思えます。

「国民の伎倆に応じた政治家しか持てない」は名言だと思う

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認