韓国の鄭(チョン)前国会議員が遺体で発見 数日前に日韓対立について言及「不買運動に反対する」「国産品は日本を抜いたら作れない」

李元大統領側近の前国会議員が遺体で発見

▼記事によると…

・韓国の鄭斗彦(チョン・ドゥオン)前セヌリ党(現・自由韓国党)国会議員が16日午後、ソウル市内の公園付近で遺体で見つかった。自宅に遺書を残しており、自殺とみられる。

遺書を発見した妻が警察に通報した。警察は詳しい経緯などを調べている。

鄭氏は李明博(イ・ミョンバク)元大統領の側近で、2010年にはハンナラ党(セヌリ党の前身)の最高委員などを務めた。

2019.07.16 17:44
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190716003500882

【関連記事(7/14(日))】鄭斗彦元議員「日本製品不買に反対…日本がなければ国産品作れない」

▼記事によると…

・鄭斗彦(チョン・ドゥオン)元議員は12日、CBSラジオのニュースショー番組に出演し、「(韓日対立が)チキンゲームに進んではならないのに政界でチキンゲームにしきりに追い込もうとする人たちがいて心配」としながら、「乗用車とトラックが互いに向かい合って走っているのにどっちの被害が大きいだろうか」と問いかけた。経済規模が大きい日本と対立が続けば韓国が被害を受けるという論理だ。

鄭元議員は一部で提起されている日本製品不買運動は望ましい対応策ではないとも強調した。彼は「不買運動に反対する。反日感情やこうしたものをいま掲げる時ではない」とし、不買運動は実利的でもなく意味もないと主張した。鄭元議員は「話にならないのは韓国製品もみんな日本の機械で作り日本の設備で作る。国産品は日本を抜いたら作れない」と主張したりもした。

その上で「親日感情をあおったり、いや、あおるというよりも親日感情を掲げるとか、そうでなければ反日感情をあおるとかいうことは気を付けるべきこと」と付け加えた。

7/14(日) 13:18配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-00000008-cnippou-kr

鄭斗彦 プロフィール


鄭斗彦は、大韓民国の官僚、政治人、歌手。 2000年-2003年ソウル特別市の政務副市長、2004年以降、17-19代韓国国会議員である。32代ソウル特別市長および17代大統領の李明博の最側近の一人でもある。2000年、ソウル西大門区で国会議員に出馬したが落選してうつ病で病院に入院した。
生年月日:1957年3月6日
鄭斗彦 - Wikipedia

▼関連ツイート

twitterの反応

▼ネット上のコメント

正論も言えないとは。

終わりの始まり。

絶句😵

ご冥福をお祈りします。これで先進国、民主主義国家のつもりか。。。

そんなドラマみたいな事……うそだといってよ……

まともなヒトが淘汰される社会。。

うわあ…さすがにドン引き…

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認