レジ袋「削減」の動き急速に進むが... 実はプラスチックごみ全体の「2%」

▼記事によると…

・これまで小売店が客に無料で配ってきたプラスチック製のレジ袋を削減する動きが急速に広がってきている。

・レジ袋有料化が急速に広がっているのは、海洋プラスチックごみが世界的に問題化しているから。世界で大量のごみが漂流しているほか、プラスチックの破片が魚の体内に蓄積して人の健康にも影響を及ぼすと危惧されている。

・G20でも「首脳宣言」に、海洋プラスチックごみによる新たな汚染を2050年までにゼロにすることを目指すとした「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」が盛り込まれた。こうした流れを受け、産業界も、もはや反対し続けられる状況ではなくなってきたということだろう。

・ただ、過大な期待は禁物だ。レジ袋は多くのプラスチックごみの中で2%ほどとされる。産業用のプラスチックや飲料用のペットボトルと比べればわずかで、「消費者の意識を高めるうえでは意味があっても、レジ袋だけで根本的な解決にはならない」(企業関係者)。

2019/7/14 07:00
https://www.j-cast.com/2019/07/14362527.html

レジ袋


レジ袋とは、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどの小売店において、購入した持ち帰り商品を入れるためにレジで渡されるポリオレフィンなどの材質で作られた袋を指す通称。買物袋の一種。
レジ袋 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

だったら大部分を占めるのはなんなんだよ

ペットボトルも何とかしないとね。

レジ袋よりむしろそれに詰めて帰る商品の包装が圧倒的に多いですね。食品トレー然りみんなプラ包装ですから。

そもそもプラごみ燃やして何が悪いの?この問いに統一した答えがない。環境問題は調べれば調べるほど疑問が湧く。国民の良心を利用した利権。今のところ私の結論はこれ

問題を解決しない見せかけだけの活動大好きみたいだからいいんじゃないですか。エコキャップとかベルマークとか。

そもそも、リデュースする気がないんだよ。捨ててもだいじょうぶな素材だからおけ?推進してる欧米のやつらは、ごみをそこかしこに捨てない、ことも啓蒙できないだけ。

レジ袋は経営者にとって無視できないコストだったりしますからね(´ω`)まあ、有料にするくらいいいんじゃないかなとは思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認