「忖度する政治を安定させていいのか」立憲・枝野氏

▼記事によると…

立憲民主党・枝野幸男代表(発言録)

・安倍晋三首相は、この選挙で問われるのは政治の安定だ(と言っている)。文書が改ざんされる、隠蔽(いんぺい)される、ごまかされる。こんな政治を安定させていいのか。強い者に、首相官邸に忖度(そんたく)ばかりする政治を安定させていいのか。

2019年7月12日19時08分
https://www.asahi.com/articles/ASM7D5X1SM7DUTFK01W.html

枝野幸男 プロフィール


枝野幸男は、日本の政治家、弁護士。立憲民主党所属の衆議院議員、立憲民主党代表。 旧民主党政策調査会長、民主党政策調査会長、民主党幹事長、内閣府特命担当大臣、内閣官房長官、内閣府特命担当大臣、経済産業大臣、内閣府特命担当大臣、民進党幹事長などを歴任。
生年月日: 1964年5月31日 (年齢 55歳)
枝野幸男 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

混乱だらけの政治状況になっていいのか。

有権者がなぜ自分の生活を捨ててまで自民党に投票するのかは謎

住民の要望や有権者の声に忖度しないでどうやって政治家としてやっていけるの?共産主義なら独裁者以外忖度要らないと思うけど。

枝野は日本をどうしようか!言ったことがあるか!何でも反対の枝野です。対案すら持ってない。

ほんとだよ。安定の嘘、改竄定期、安定の爆買いされたら困るんだよ!

官僚たちにシカトされる政治よりは、まだマシ。

正論なんですが、有権者に響くのは生活防衛のほうだったりする悲しみ…。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事