JASRAC、音楽教室に「潜入」2年 主婦を名乗り

▼記事によると…

・音楽教室での演奏から著作権料を徴収しようとしている日本音楽著作権協会(JASRAC)が、職員を約2年間にわたって「生徒」として教室に通わせ、潜入調査していたことが分かった。

・潜入調査についてJASRAC広報部は「演奏権は形に残らず侵害されやすい権利。調査は利用の実態を把握し、立証するために必要だ」と説明している。

・訴訟では、教室で講師や生徒の演奏が、著作権法が定める「公衆に聞かせる目的の演奏」に当たるかどうかが争われている。

・JASRAC側が東京地裁へ提出した陳述書によると、職員は2017年5月に東京・銀座の「ヤマハ大人の音楽教室」を見学。その後、入会の手続きを取った。職業は「主婦」と伝え、翌月から19年2月まで、バイオリンの上級者向けコースで月に数回のレッスンを受け、成果を披露する発表会にも参加した。

2019年7月7日19時17分
https://www.asahi.com/articles/ASM756DFSM75UTIL041.html

日本音楽著作権協会


一般社団法人日本音楽著作権協会は、日本の著作権等管理事業法を設立根拠法に、音楽著作権の集中管理事業を日本国内において営む一般社団法人である。公式に英語の略称である「JASRAC」の表記をロゴとして使っており、ジャスラックと発音する。。以下、この記事では「JASRAC」と表記する。
日本音楽著作権協会 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

こわっ。これで生徒を入れるのも躊躇するようになって音楽離れが加速していく。

それよりユーチューバーからお金を取ったらいい。自分もしがない動画投稿者だが、お金を払ってでも使いたいBGMがある。そういうのを収益にして、再生回数に応じて著作権者に分配すればいい。音楽教室に潜入調査なんて手間のかかることはやめてもらいたい。教育は無償にするべきだろう。

なんか納得いかない団体だよね。潜入調査とかどうなの?著作権を守る為それは納得出来るけど作った本人が演奏できないとかあったよね。誰の為の団体な訳?と常々疑問なんだよね。

一番の問題は著作権料徴収したところで版権元に還元されていないことなんだよね

2年って、やり方が浅ましい

2年も教えた生徒が敵だったなんて講師はショックだろうな。逆に慰謝料請求すれば良い

どこまで金が欲しいの…

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認