2019年の出生数は約86万人に急減か、急加速する少子化の背景をデータから紐解いてみた

▼コラムによると…

◆ついに90万人を割り込む日本の出生数
厚生労働省の人口動態統計速報(2019年4月分)によると、2019年1~4月の出生数は前年同期比6.7%減となる28万6645人になったそうです。

このペースだと2019年の出生数は2018年(91万8397人)を6万人ほど下回る85万6864人、つまり約86万人となります。

▼クリックで拡大


https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/s2019/dl/201904.pdf

2019年7月4日04:20
https://buzzap.jp/news/20190704-birth-japan-2019/

合計特殊出生率


合計特殊出生率(ごうけいとくしゅしゅっしょうりつ、英:total fertility rate、TFR)とは、人口統計上の指標で、一人の女性が出産可能とされる15歳から49歳までに産む子供の数の平均を示す。この指標によって、異なる時代、異なる集団間の出生による人口の自然増減を比較・評価することができる。
合計特殊出生率 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

少子化って割とマジで国家的災難だと思うんだが、 日本人にまるで危機感無いのはなんでなん?

↑どうしようもないから 移民を大量に迎えるしか解決方法ないよ

氷河期の影響がモロに出て来てるんだよ

完全に崩壊始まったな。ここにきて少子化が加速してきた

ガチで何が原因なんだよ?政治か?経済か?競争か?恋愛観か?

ク○みたいに東京に集めるせいだろ、あんなギスギスしたところで子育てなんてできねーだろ

減り方がエグいな。まあ増税されるわ賃金下がるわ 生活必需品ばっか値段上がるわで産めるわけねえわ

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認