200人規模の早期退職者を募集した毎日新聞、役員の「仕事削減策」に怒りの声 → 中堅記者は「この会社に未来はない」と転職準備へ

毎日新聞が200人規模の早期退職、役員の呆れた「仕事削減策」に怒る現場

▼記事によると…

・毎日新聞社が社員の1割に当たる200人規模の早期退職を募集することがダイヤモンド編集部の調べで分かった。新聞の部数減少に歯止めが掛からず、事実上のリストラに追い込まれた。人員の大幅減のしわ寄せは地方の記者に行く。これによって毎日新聞の特長である現場発の独自視点の記事が減れば、自らの首を締めることになりかねない。(ダイヤモンド編集部 千本木啓文)

・もう一つの重大な問題が、高齢社員に偏った年齢構成だ。
本誌が入手した労働組合資料によれば、丸山昌宏社長は5月29日、早期退職優遇制度を労組に提案した際、「構造改革を先送りしてきた結果、50歳代以上が社員の4割強を占め、さらに管理職が3割以上を占めるいびつな構造になっている」と危機感を語った。驚くべきことに50歳代の社員の半数が部長職以上に就いているという。

・ある中堅記者は、「無計画な採用の結果生まれた逆ピラミッド型の社員構成では上が詰まっていて絶望感しかなかった。特に、働かないのに自分より給料をもらっている一部ロートル記者の退場は大歓迎」と言ってはばからない。一方で、「今は希望の部署でやりたい担当につけているから我慢しているが、経営状況、組織運営からしてこの会社に未来はない。次の異動先次第では、転職できるよう準備をしている」と話す。

2019.7.2 15:30
https://diamond.jp/articles/amp/207581

毎日新聞


毎日新聞は、日本の新聞のひとつ。毎日新聞社が発行している。 日本国内で一番歴史のある新聞。戦前から朝日新聞と共に2強に数えられていたが、拡販競争と西山事件による経営危機で後れを取り、1960年代後半から1970年代前半に掛けての読売新聞の発行部数増加などで販売不振が続いた。
創刊: 1872年3月29日(明治5年2月21日)
毎日新聞 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

えと、それ…僕らと同じ。取材じゃない。

でも今とそう変わんないでしょ⁉️

凄いね。「テレビを見て取材する方法もある」なら、新聞要らないよね。新聞社として終わってる。

落ちる会社には、落ちるなりの理由があるのだなあとしみじみいたします。

日本のメディアは、過剰な円高に苦しむ製造業に対して冷淡で『日本の製造業の役割は終わった』てな事を言ってましたからね。再就職活動、頑張って下さい。

それじゃ俺も毎日取材してたわ

執行役員を削減したほうが、経費削減に資すると思いますが…

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認