大阪G20記念撮影 各国首脳の“ガン無視”に安倍議長オロオロ

▼記事によると…

・世界中の孤独を独り占めしたような光景だった。28日大阪G20サミットの開幕時、安倍首相は各国首脳を1人ずつ出迎えた後、集合写真の撮影までの間、ほとんど誰にも相手にされなかったのだ。

議長の安倍首相はひな壇中央に陣取ったが、バラバラに集まった各国首脳は誰も話し掛けない。並んで現れたトランプ、プーチン両大統領は会話に夢中で安倍首相など眼中になし。安倍首相は習近平国家主席とトランプとの握手をボーッと見つめるだけ。

アチコチで談笑が始まる中、安倍首相はその輪に加われず、愛想笑いを浮かべ、周囲をオロオロと見渡すのみ。撮影が終わると、居心地の悪い空間から逃げ出すように我先に次の会場へ向かった。

・稲田氏は安倍政権の外交成果により、「世界における日本のプレゼンスは向上した」と言ってのけたが、笑止千万。日本の首脳がシカトされる中、大阪G20で「プレゼンス」向上の手段は物量作戦頼みだ。

2019年6月29日 15時0分
https://news.livedoor.com/article/detail/16697131/

安倍晋三 プロフィール


安倍 晋三は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、第90代・第96代・第97代・第98代内閣総理大臣、第21代・第25代自由民主党総裁。自由民主党幹事長、内閣官房長官を歴任した。
生年月日:1954年9月21日 (年齢 64歳)
安倍晋三 - Wikipedia

関連動画

twitterの反応

▼ネット上のコメント

惨めだね。その一言!!

アベちゃんがアメリカ様に言いなりのポチでしかない事を世界は十分承知してます‼️

国会閉会の時の羽生田の演説では安部を一生懸命に持ち上げる映像を見たが、いくら安部を持ち上げても、海外の首脳は安部はアウトオブ眼中ということだろう。物量作戦でいくら印象をよくしようとしても、海外の首脳走る安部など相手にする人間ではないと。よく分かっているということだろう。惨めだ。

今までのツケが今頃回ってきたか(笑)

悪意のある目で見たらそう写る。己の醜さをここまで言葉で表現できるのは、ゲンダイくらい。

笑ってしまった。この記事を書いた人はいかに安倍さんを貶めるかで頭いっぱい、前後のつながり等完全無視、到底記者とは言えない低俗三流記者もどき、でも活字を信じてしまう人がいるのも怖い事実。

こんなゴ◯記事でも真に受ける人は一定数いるだろうから厄介。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認