ヘイトスピーチに「罰則付き条例」相模原市も目指す

▼記事によると…

・川崎市は今月24日に、ヘイトスピーチなど民族差別的な言動を3回繰り返した場合、50万円以下の罰金を科すことなどを盛り込んだ条例の素案を明らかにしました。

これを受け、相模原市の本村市長は28日の定例会見で「ヘイトスピーチは差別意識を助長させ、人々に不安感を与える行為で、決して許してはならず、川崎市の動きは評価したい」と述べました。

そのうえで「相模原市も条例制定に向け、川崎市を見習い罰則なども含めてひけをとらない厳しい形をとりたい」と述べ、川崎市に続いて罰則付きの条例の制定を目指す考えを示しました。

・今年度中に具体的な検討に入り、来年度以降に条例の制定につなげたいとしています。

2019年6月28日 19時05分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190628/k10011973681000.html

相模原市


相模原市は神奈川県北部にある政令指定都市である。緑区、中央区、南区の3区で構成される。
相模原市 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

治安維持法を思い出しました。危険すぎる条例です。

ヘイトスピーチを言われかねない人達には住み良い街ですね。

「護憲派」!!何、静観してるんだよ?

日本人に対するヘイトスピーチを同様に罰して頂けるなら、良いのですが……。というか、そもそも、言論統制の時点で違憲ですね。

何でこうなるのか分からない。

ヘイトスピーチは良くないと思いますが、これを法律で刑罰とするには反対です。一体、誰が、どんな基準でヘイトスピーチと判断するのか?恣意的な運用がされることはないのか?憲法が保証する言論の自由を侵すことはないのか?日本の民主主義を根幹から揺るがす大問題です。

相模原市では外国人が市政に干渉できる環境にあるようですね。その上で、外国人に対して文句の一つも言ったら罰金!なんてことになれば、もう日本ではなくなってしまいますよ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事