足の痛み訴えた県警機動隊員、プールで沈められ訓練中に溺死 → 指導員の巡査に禁錮1年6月、執行猶予3年の判決

足の痛み訴えた県警機動隊員、プールで沈められ溺死 県に9200万円の賠償命令 母「残念で悔しい」

▼記事によると…

・朝霞市の県警機動隊屋外プールで2012年、水難救助部隊の巡査佐々木俊一さん=当時(26)=が訓練中に溺死したのは私的制裁による暴行が原因として、遺族が県(県警)と当時の上司5人に計約1億9千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が26日、さいたま地裁であった。

谷口豊裁判長は県に計約9200万円の支払いを命じた一方、上司ら5人に対しては「訓練と無関係の私的制裁と断定することは困難」として請求を退けた。

・判決によると、佐々木さんは12年6月29日、空気ボンベなど計38キロの装備を着けて訓練に参加。足の痛みを訴えて中止を求め、プールのはしごをつかんだところ、水深約3メートルのプール中央まで移動させられ、指導員に息継ぎなしで繰り返し水中に沈められたことにより溺死した。

指導員だった巡査は業務上過失致死罪に問われ、同地裁で禁錮1年6月、執行猶予3年の判決が確定し失職した。

・佐々木さんの母千春さん(62)は判決後、さいたま市内で記者会見し、「個人の責任があるのではないかと思って裁判を起こしたが、認められず残念で悔しい」と話した。

2019年6月27日(木)
http://www.saitama-np.co.jp/news/2019/06/27/03_.html

水難救助隊


水難救助隊 (すいなんきゅうじょたい)は、日本において消防や警察が河川や海浜や港内で発生した水難事故に対応するために設置した救助隊。小型ボートや浮き袋・アクアラング・投光器などの資器材を用いて水難救助活動を行う。
水難救助隊 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

人殺○て、1年6ヶ月ですむのかよ・・・

真相が闇に沈められたな

執行猶予ついてるから実質罰なしよ、こんな判決見てたら腹立って頭おかしなるわ

ほかの者にもやっているから問題なしという斬新な判決

もう地裁いらない

殺人だろ。人ひとり殺○といて何が執行猶予とか舐めたことになってんのさ。

組織側を守る、という事なんですかね。納得いきませんね。命の軽視・・

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします

twitterで速報配信中

アンケート投票 & 結果確認