下着ブランド名に「キモノ」、日本文化への侮辱と批判が殺到 米タレント

▼記事によると…

・アメリカのタレント、キム・カーダシアン・ウェストさんが25日に発表した自身の矯正下着のブランド名に「キモノ」という名称を使用し、日本の伝統的な着物を侮辱しているとして物議を醸している

・SNS上では、矯正下着ブランド名に「キモノ」を使用することは、伝統的な着物を軽視しているとして、多くの日本人が反発している

・サンフランシスコ在住の大石結花さんは「今回キム・カーダシアンが発表した下着は、日本の着物からインスピレーションを受けたものでもなく、ただ単に自分の名前にかけたダジャレとして使われている。着物や日本文化へのリスペクトがない、自分勝手な行為だが、彼女や彼女のビジネスの影響力を考えると無視できない問題へ発展すると思う」と指摘している

・カーダシアンさんは昨年、ブランド名の「キモノ」の商標登録をしたほか、「キモノ・ボディ」や「キモノ・インティメーツ」、「キモノ・ワールド」についても、すでに商標登録の出願を行なっている

2019-06-26
https://www.bbc.com/japanese/48767764

キム・カーダシアン


キンバリー・カーダシアン・ウェストは、アメリカ合衆国のソーシャライト、リアリティ番組パーソナリティ、モデル、女優。彼女は最初、パリス・ヒルトンの友人とスタイリストとしてメディアの注目を集めたが、2007年に元恋人レイ・ジェイとのセックス・テープが流出したことで、広く認知されるようになった。
生年月日:1980年10月21日 (年齢 38歳)
キム・カーダシアン - Wikipedia

▼関連ツイート

twitterの反応

▼ネット上のコメント

着物という日本の誇らしい文化を守るために、文化庁なり着物(振興)業界なりから正式な抗議をして、商標登録差し止めにしてもらわないと危ない。

kimonoというの、着物要素が本当に欠片もないし、あれらの言ういわゆる「文化盗用」ですらなく、純粋な商標問題だと思いますよ。あと何度もいってますが「文化盗用」は概念自体を葬り去るべきですね。

着物は日本の伝統的な衣装です。下着じゃあないのですよ。商標登録は別の言葉でしてください。

ケイティペリーが着物風のステージ衣装でパフォーマンスしたり、アリアナグランデが日本語のタトゥー入れただけで「文化の盗用」だと騒いでたアメリカ人が、キムカーダシアンのkimonoはスルーなん?今回の方がよっぽど「文化の盗用」だけど

不愉快ではあるけど、「文化の盗用」というのは違う気がする。文化って別に所有権ある訳ではないし。

KIMONOてあれだろ?サムラーイとかニンジャーとかスシテンプーラーとか言っとけば売れる的なあれだろ?

日本の正装の着物を下着ブランドに使われるのは嫌やわ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事