毎日新聞「自民・三原じゅん子議員が行った反対討論に、「『上から目線』の『圧政者』」との批判が出ています。」

毎日新聞のツイート

「問責決議案の提出は愚か者の所業」「野党のみなさん、恥を知りなさい!」。

安倍首相の問責決議案が採決された24日の参院本会議で自民・三原じゅん子議員が行った反対討論に、「『上から目線』の『圧政者』」との批判が出ています。

三原じゅん子 プロフィール


三原 じゅん子は、日本の政治家、元女優・歌手、元介護施設経営者、元カーレーサー。以前は出生名の三原 順子で活動。血液型はB型。 自由民主党所属の参議院議員、自民党女性局長、参議院厚生労働委員長。東京都板橋区出身。
生年月日:1964年9月13日 (年齢 54歳)
三原じゅん子 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

貫禄あるねぇ

本人、至って真剣ですから。安倍様にお褒め頂いたんじゃないですか?

国民が思っていることを代弁してくれたと思ってる。

つまり、自民党が野党になったら、問責はやらないということですね。

単なる笑い者だわこれは

批判じゃなく賛意を示す声も多い が何故書けない?上から目線とか、それは貴殿ら既存のマスコミにこそ当てはまる

全てごもっともな反対討論だと思ったが、毎日は必死の抵抗ですか。毎日も恥を知れ。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認