「減らない年金」提言=最低賃金1500円目標-共産公約

▼記事によると…

・共産党は21日、参院選公約を発表した。老後資金「2000万円不足」を指摘した金融庁報告書をきっかけに年金生活への不安が広がっていることを踏まえ、物価や賃金の上昇に応じて年金支給額を抑制する「マクロ経済スライド」廃止を明記するなど、「減らない年金」への制度改革を柱に据えた。中小企業の賃上げを支援し、最低賃金を全国一律1500円まで引き上げる目標を打ち出した。

年金制度に関し、マクロ経済スライド廃止で見込まれる数兆円の年金財源不足には、「高額所得者優遇」保険料の見直し▽年金積立金の前倒し活用▽賃上げと正社員化による保険料増収-で対応するとした。

2019年06月21日19時27分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019062101228&g=pol

志位和夫 プロフィール


志位和夫は、日本の政治家。衆議院議員。 1990年から2000年まで日本共産党書記局長、2000年から日本共産党委員長。
生年月日: 1954年7月29日 (年齢 64歳)
志位和夫 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

どうせ政権とれないから、最低賃金10000円、年金今の2倍支給ぐらい言えよ

財源はどこから確保するのですか。まさか自衛隊員を全員解雇してその分と、法人税を上げるなんて手を使うのですか。大量の失業者と登記を外国に移すのが目に見えますね。

「ばかげた政策」と、また安倍さんがいいそう。

政権取る可能性ないから気楽なものね。いっそ最低賃金時給5万って言えばいいのに

公約守れなかったら党解散くらいやらなきゃ夢しか語らないんじゃね?

相変わらず耳触りの良いことしか言わんな。君たち日共が、信用するに足らん組織だと言うことは知っているが、騙される人が多いんやろなぁ

雲を掴むような公約でも、絶対政権とらないことがわかってるから気楽なもんだなー

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事