【徴用工訴訟】提案拒否した日本側に、韓国外交部「慎重に知恵を集めるよう希望する」

徴用工訴訟 提案拒否した日本に韓国外交部「知恵を集めるよう希望」

▼記事によると…

・韓国大法院(最高裁)が日本企業に賠償を命じた強制徴用訴訟問題を巡り、被害者への慰謝料支払いに関する韓国政府の提案を日本が拒否したことについて、外交部が日本側に「慎重に知恵を集めるよう希望する」との立場を示した。

・同部の金仁チョル(キム・インチョル)報道官は20日の定例会見で、「政府は大法院の判決を尊重するという基本的な立場の下、被害者の苦痛と(心の)傷の実質的な治癒、そして未来志向的な韓日関係構築の必要性などを考慮し、この事案を慎重に扱っている」とした上で、「日本側が被害者の苦痛と傷の治癒、韓日関係の発展に向けて慎重に知恵を集めていくことを期待し、希望する」と述べた。

2019年6月20日 18時48分
https://news.livedoor.com/article/detail/16651024/

徴用工訴訟問題


徴用工訴訟問題(ちょうようこうそしょうもんだい)とは、第二次世界大戦中日本の統治下にあった朝鮮および中国での日本企業の募集や徴用により労働した元労働者及びその遺族による訴訟問題。元労働者は奴隷のように扱われたとし、現地の複数の日本企業を相手に多くの人が訴訟を起こしている。韓国で同様の訴訟が進行中の日本の企業は、三菱重工業、不二越、IHIなど70社を超える。2018年10月30日、韓国の最高裁にあたる大法院は新日本製鉄(現新日鉄住金)に対し韓国人4人へ1人あたり1億ウォン(約1000万円)の損害賠償を命じた。
徴用工訴訟問題 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

何の知恵やねん。協定で決めた通りにせえよ。小細工要らんねん。

寝言の方がまだマトモなこと言うわ

この甘えた精神が許せない!

好き勝手やりたい放題やってきて、無視されだしたらこんどは相手してくれってか!

まず約束を守れ。

韓国の知恵を集める、絞るの意味は、日本にお金をせびる合言葉、財団や基金を作り、未来永劫金のなる木を植えている

今まで返事しないで逃げてたのに。切羽詰ってますよね

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認