【嘱託殺人罪成立】無職の息子(47)がFXで大量の借金 → 死を決意した両親が息子へ殺害を依頼 → 両親を殺害した息子に懲役6年

死を決意した両親、借金の尻拭いで…FXやめない息子に殺害を依頼 両親殺害した息子に懲役6年/地裁

▼記事によると…

・昨年1月に埼玉県毛呂山町の住宅で両親の承諾を得て殺害したとして承諾殺人の罪に問われた、毛呂山町前久保南、無職佐々木光夫被告(47)の判決公判が20日、さいたま地裁で開かれた。

北村和裁判長は「父母の嘱託を受けて殺害した」と嘱託殺人罪の成立を認めた上で、「犯行は被告の身勝手かつ無反省な借金に起因する」として懲役6年(求刑・懲役7年)を言い渡した。

・判決理由で北村裁判長は、「被害者らは被告の多額な借金の返済資金を捻出し、協力してきたものの、被告が外国為替証拠金取引などをやめず、生活費もままならなくなったため、人生を悲観して殺害を嘱託した」と指摘。「借金の尻拭いのために死を決意せざるを得ない状況に追い込まれており、被告は厳しい非難を免れない」と述べた。

6/21(金) 7:06
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190621-00010000-saitama-l11

自殺関与・同意殺人罪


自殺関与・同意殺人罪とは、刑法第202条に規定されている罪の総称である。個別には、人を教唆して自殺させる自殺教唆罪、人を幇助して自殺させる自殺幇助罪、人の嘱託を受けてその人を殺害する嘱託殺人罪、人の承諾を得てその人を殺害する承諾殺人罪を言う。
自殺関与・同意殺人罪 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

世紀末かな

甘すぎる判決と思ったけどFXの借金は自己破産出来ないから出所しても地獄は続く

息子を捨てて逃げるという手段に早く気付いて欲しかったな

両親が何したかったのかわけわからん

息子に殺害を依頼する両親とかほんと可哀想すぎる

6年は甘すぎる

信じらんねえわ、死人に口なしの悪用にしか思えない

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認