女子中学生2人殺害し出所後わいせつ、刑期終えわいせつ致傷…2審も懲役7年判決

▼記事によると…

・長崎市で昨年6月、小学生の女児(当時7歳)にわいせつな行為をし、けがをさせたなどとして、強制わいせつ致傷罪などに問われた無職寺本隆志被告(66)の控訴審判決が18日、福岡高裁であった。野島秀夫裁判長は、懲役7年(求刑・懲役8年)とした1審・長崎地裁の裁判員裁判判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。

被告側は控訴審で「1審判決は量刑が重すぎて不当だ」と主張。高裁判決は、被告が1992年に女子中学生2人を殺害して服役後、2013年には強制わいせつ事件を起こし、刑期を終えた約4か月後には今回の犯行を決意したと指摘し、「非難の程度が大きいのは当然。1審の量刑評価は正当」として退けた。

6/18(火) 18:34
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00050244-yom-soci

強制わいせつ罪


強制わいせつ罪は、刑法176条に規定されている犯罪である。
強制わいせつ罪 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

子供への性犯罪はたった一回でも地球から間引いても良いと思うの(´・ω・`)

なぜ、この人物を平気で野放しする判決を下せるのか分かりませんね

無期懲役でもすぐに出てきているんだな、実際は。

7年て、どう考えても再犯しまくりなんだからもっと重くしないと!

重大犯罪を犯して刑確定後または出所後に同系統の犯罪が発覚した場合、前の罪と併合して再審できるように法改正できないものか?

彼が務所で過ごした生活費は全て「税金」…

中学生2人も殺○て、そんなに早く出てこれるの?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事