朝日新聞『女性は仏になれない…仏典に残る性差別 どうすれば』

女性は仏になれない…仏典に残る性差別 どうすれば

▼記事によると…

・#MeToo運動や大学入試における女性差別の表面化を機に、ジェンダー平等の意識が改めて高まるなか、仏教界でも差別との向き合い方が問われている。受け継がれてきた経典には、現代の目で見ると差別的な記述がある。

・女性は修行しても仏になれないとする「女人五障(にょにんごしょう)」、女性は親、夫、子に従うべきだとする「三従(さんしょう)」の教えのほか、女性は男性に生まれ変わって成仏できる「変成男子(へんじょうなんし)」思想を紹介するもので、現代の目線で見ると差別的な内容だ。古代インド社会の女性差別観が仏教に流入したものという。

2019年6月18日15時00分(有料会員限定記事)
https://www.asahi.com/articles/ASM693C2VM69PIHB001.html

MeToo


#MeToo(ミートゥー)は、「私も」を意味する英語にハッシュタグ(#)を付したSNS用語。セクシャルハラスメントや性的暴行の被害体験を告白・共有する際にソーシャル・ネットワーキング・サービスで使用される。「Me Too」「#metoo」なども用いられる。欧米では、被害を告発する「私も」運動と、被害の撲滅を訴える「タイムズ・アップ(Time's Up)」運動が存在するが、日本においては混同され「#MeToo」のみが用いられている。
MeToo - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

遂に宗教にまでケチつけるようになってきたのか

ホトケにならんでもええがな

信仰の自由があるんだから信じなきゃいいだけ。

人類文明全否定だな

あれも差別これも差別、うぜぇなぁ~

亡くなった後のことまで心配する必要無いだろwww

信仰しなきゃいいんじゃないの?

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認