中国で臓器の強制摘出横行、「法輪功」が標的に 調査組織が報告

▼記事によると…

・中国では、臓器の強制的な摘出が「長年にわたり同国全土で」行われており、その主な犠牲者になってきたのは「恐らく」気功集団「法輪功(Falun Gong)」のメンバーらだとする報告書を、弁護士らから成る調査組織がこのたびまとめた。

英首都ロンドンに拠点を置く「中国法廷(China Tribunal)」はこの報告書を、19日に概要がインターネット上で公開されるのに先立って報道関係者向けに公表。「臓器の強制摘出は今なお続いている」と結論付けている。

・調査組織は、「中国における政治犯らからの強制的な臓器摘出は、相当の期間にわたって行われ、相当な数の犠牲者を生んだことは、異論もなく、合理的疑いの余地なく確かだ」としている。

その上で、「法輪功のメンバーらが臓器提供元の一つとなっており、しかも恐らくは主な提供元となっている」という見方を示している。

2019年6月18日 22:42
https://www.afpbb.com/articles/-/3230764

法輪功


法輪功は中国の伝統的な健康法である気功を、李洪志が1990年ごろに仏教や道教の教えを取り入れ独自に系統化した気功法、及びその団体である。宗教的な側面も持ち合せている。1999年6月より江沢民政権下の中華人民共和国は、法輪功を邪教と指定し禁止しており、法輪功の会員はそれを不当な弾圧であると国内外で抗議活動をしている。
法輪功 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

しかし、おぞましい

そういや全然この話は聞かなかったな、一体どうなってる?

人権とか国際ルールとかあったもんじゃない

あらら、AFPで報道されるとか・・・中国おわた

これ、【人体の不思議展】やってた頃から、ずっと噂になってたよね。

こえー((( ;゚Д゚)))

もうちょっとで香港人も臓器輸出対象にされてたんだからそら必死でデモするわな

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認