アメリカ、知財そのものを無視する法案を提出…「Huaweiの特許はいくらでも侵害していい」

「ファーウェイの特許はいくら侵害してもOK」アメリカでとんでもない法案が提出される

▼記事によると…

・知財を保護するよう中国に圧力をかけているアメリカで、知財そのものを無視する法案が提出されました。

ロイター通信社の報道によると、アメリカ共和党のルビオ上院議員が「政府の監視対象となっている企業が国内での特許について、特許侵害での提訴も含めた法による救済措置を求めることを禁止する」法案を提出したそうです。

これは事実上、アメリカの監視対象となっているHuaweiを狙い撃ちにしたもの。

同社はアメリカの大手通信会社・Verizonに対し230件を超える特許を巡って10億ドル以上のライセンス料を要求していますが、法案が成立すれば救済措置を求められないどころか「Huaweiの特許はいくらでも侵害していい」ということになるわけです。

・もし今後貿易などでアメリカが対立した国にこのカードを切るようになれば、日本の自動車産業も決して他人事では済まないだけに、法案の行く末が気になるところです。

2019年6月18日 16:02
https://www.excite.co.jp/news/article/Buzzap_57222/

ファーウェイ


ファーウェイ・テクノロジーズは、中華人民共和国深圳市に本社を置く通信機器メーカー。
CEO: 任正非 (1988年–)
ファーウェイ- Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

特許ホーダイプランw

流石にこれはやっちゃダメだろう。

ほんまにアメリカは無茶するなぁ… というか世界はそうなんやろな…日本くらいやお人好しは

なかなかな法案提出してきたなー💧

国際規則や秩序を守らない国には当然の行為だと思いますし、可決されれば日本も米国に同調すべきです。

アメリカからすれば当然の措置なんだよな

そんだけ中国が脅威なんやろな

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認