北朝鮮漁船 延べ300隻余 能登半島沖排他的経済水域で確認

▼記事によると…

・石川県の能登半島沖の日本の排他的経済水域で先月下旬以降、延べ300隻余りの北朝鮮の漁船が確認され、海上保安庁は取締りを強化しています。

能登半島沖の日本の排他的経済水域にある「大和堆」と呼ばれる漁場周辺では、ここ数年、初夏から冬にかけて北朝鮮のイカ釣り漁船による違法操業が繰り返されています。

・海上保安庁が公開した映像では、巡視船が違法操業をする漁船に対して放水を行うと、退去するために漁船の乗組員が漁具をつないでいたとみられるロープを海に捨てている様子が分かります。

海上保安庁によりますと、これまでに延べ318隻に対して排他的経済水域から出るよう警告を行い、このうち従わなかった50隻には放水をして退去させたということです。

2019年6月17日 5時49分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190617/k10011954881000.html

大和堆


大和堆とは、日本海中央部に位置する浅い部分である。最も浅い部分で水深236mであり、日本海有数の好漁場となっている。
大和堆 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

なぜ、メディアは、報じないの?

日本の漁師さん達の利益が奪われ続けることに対して、政府の対応は甘過ぎます。「国益」を失っているのに。もちろん、漁師さん達や海保の皆さんの生命にも関わること。

憲法改正しかないですね😤

沈めないと沸くだけだよな。

こうして、荒波の日本海で任務を遂行されている海保の方に、本当に感謝です。

インドネシアのSUSI大臣みたいに撃沈許可出さないのかな?

いつまでこんな甘い対応続けるの?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事