中国、沖縄県・尖閣諸島周辺の日本のEEZで海洋調査 → 外務省「極めて遺憾」

尖閣周辺の中国調査に抗議 外務省「極めて遺憾」

▼記事によると…

・外務省は17日、沖縄県・尖閣諸島周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)で中国の海洋調査船による活動が確認されたとして、中国政府に東京と北京の外交ルートを通じて抗議したと発表した。

「わが国の同意を得ておらず、極めて遺憾だ」と伝えた。

海上保安庁の巡視船が16日、中国の「海洋地質九号」がワイヤのようなものを海中へ伸ばしているのを確認していた。

2019.6.17 11:58
https://www.sankei.com/politics/news/190617/plt1906170010-n1.html

尖閣諸島


尖閣諸島は、東シナ海の南西部にある島嶼群。石垣島北方約130 – 150kmの、北緯25度43分 - 56分、東経123度27分 - 124度34分の海域に点在する。尖閣列島ともいう。日本が実効支配しており、中華人民共和国および中華民国がそれぞれ領有権を主張している。「尖閣諸島」および「尖閣列島」は日本における呼称であり、中国では釣魚群島あるいは釣魚島及びその付属島嶼、台湾では釣魚台列嶼と呼ばれている。
尖閣諸島 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

はいはい遺憾遺憾。

我が国が誇る遺憾砲は全く相手にダメージを与えない人に優しい兵器です。何もしないよりマシだが。

もう飽きたって。安倍政権舐められ過ぎ。自民党に防衛は無理なのか…

表面的に日中関係が良好ってことは裏を返せば日本が舐められてるってこと。

河野太郎外務大臣、遺憾砲だけで聞く相手ではないので、もっと実効性のある対策をしていただけないものでしょうか…。

国を守る気なしか!💢

遺憾ではなく行動を!

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認