若い女性の間で“フェミニズム離れ”が加速「女であるという理由で差別された経験がない」「もはや不要」

「フェミニズム離れ」する若い女子が抱いている違和感の正体

▼記事によると…

・「女であるという理由で差別された経験がないから、フェミニズムが言う女性差別というのはよくわからない」

「現代ではもう女性差別みたいなものはないと思う」

フェミニズムについて、現在の女子大学生に聞いてみると、こんな答えが返ってくることがある。

・しかし、ここで注目したいのは、「もはやフェミニズムは不必要である」、「フェミニストは不当に男女不平等を取り上げて騒いでいる」と主張する女性たちが出てきていることだ。彼女たちの目には、フェミニストの主張がなにか不快なものとして映っている。

・こうした傾向は日本だけに止まらない。

・後述するように、一般の女性たちが「フェミニズム」「アンチフェミニズム」という語を使って激しく議論を交わしている英語圏では、フェミニズムに反対するハッシュタグ運動(hashtag movement, hashtag activism)が起こった。慎重に捉えていく必要があるが、一部で女性による「フェミニズム不要論」が高まっている可能性がある。

2019.06.16
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/65223

フェミニズム


フェミニズムは女性解放思想、およびこの思想に基づく社会運動の総称であり、政治制度、文化慣習、社会動向などのもとに生じる性別による格差を明るみにし、性差別に影響されず万人が平等な権利を行使できる社会の実現を目的とする思想・運動である。女権拡張主義、男女同権主義などと訳されることもある。
フェミニズム - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

ああいう連中のダブスタに気付ける人間が増えて何より

社会学の見地から「フェミニズム」に対する批判を加える女性の考えを解きほぐし、それはフェミニズムと協力できるのではないかと述べた良記事。

フェミの欺瞞に気付ける賢い若者が現れてるって話だよね。

今の若者も捨てたものではないなと思う反面、この記事はどこに誘導させたがっているのかが気になります

フェミの主張以上に一部のフェミの主張の仕方が醜悪過ぎて、誰から見てもカッコ悪いですからね。若者が冷静な目でフェミを分析してくれていて安堵の思いです。😅

もっとも、世間の女性全員がフェミだったらこの世の終わりです。

これは本当にそうかも。フェミニストといえば「過激なことを言う人」というイメージになってる。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認